「Goods」カテゴリーアーカイブ

2016/02/20 アラジン・ブルーフレーム ガラスチムニー化

2003年製アラジン社のブルーフレームストーブ。新品で我が家に来てから13年も使い続けている。今回、青い炎を全周から楽しむためオリジナルのホーロー製チムニーをガラスチムニーに換装した。Facebookにもアップしたが、同じ内容を備忘録としてブログにもアップしたい。

hanamaki_20160220-01

13年もお世話になったオリジナルのブルーフレーム。伝統的なクラシックスタイル。

hanamaki_20160220-02

数日前に届いていたパーツ。その中身は・・。

hanamaki_20160220-03

ホーロー製チムニーと同サイズに作られたガラス製チムニー。ヤフオクで入手した社外品パーツ。

hanamaki_20160220-04

トッププレートを回して外すとボイリングプレートが見える。お湯をわかす際にはこの状態で使うのが正しいとのこと。トッププレートを付けた場合に較べ、かなりの高火力を得られることが確認できた。

hanamaki_20160220-05

4箇所のネジを外し、ボイリングプレートを取り去ると、チムニーアッセンブリーがフリー状態に。

hanamaki_20160220-06

中央に見えるのが問題のチムニークリップ。簡単には外れない。

hanamaki_20160220-07

中央のネジがチムニーアッセンブリーを固定。

hanamaki_20160220-08

チムニー部分が回転しないよう制限するためのパーツ。この部品を外すと、チムニー部分を回転させ上に抜き取る事ができる。

hanamaki_20160220-09

チムニーアッセンブリーを取り外す前に、念のため元の位置をマジックペンでマーキング。

hanamaki_20160220-10

オリジナルのホーロー製チムニーが外れた状態。

hanamaki_20160220-11

これがチムニー交換の唯一、最大の難関。
タイプ39のチムニークリップは単にカシメてあるだけだけだが、チムニーのホーロー塗装を傷めず外すのは結構大変。
リズムに乗って大胆かつ繊細にマイナスドライバーを上下する。少し動いたら反対側からも同様に。クリップが外れるまで同じ動作を根気よく繰り返すのがコツ。

※(2021年追記)現在は組み立て済みのギャラリーパーツが購入できるので、あえて分解せずに新しいパーツを入手することをオススメします。

自然大好き!ニッチ・リッチ・キャッチ ブルーフレーム アラジンストーブ用 部品 ギャラリー組立品 (shop-niche.co.jp)

hanamaki_20160220-12

3個のクリップが無事外れ、下部部品(ギャラリー)とチムニーが分離できた。
中央のギャラリーは特徴的なブルーフレームを生み出すための重要な機能を提供する。ガラス化で丸見えになるため、丁寧にクリーニング。

hanamaki_20160220-13

ホーロー製のチムニーとのツーショット。13年前のパーツとは思えない良い状態。この後、ガラスチムニーが入ってきた箱に大切に収納した。

hanamaki_20160220-14

磨き終わったギャラリーにガラスチムニーを仮置き。クリップ固定ではなく、ただ載せるだけ。実際の使用状況ではボイリングプレートがガラスチムニーをやんわり固定してくれることを確認した。

hanamaki_20160220-15

逆の手順で各パーツを組み付け、無事ガラスチムニー仕様に。

hanamaki_20160220-16

さっそく点火!美しいブルーフレームが素晴らしい。実際に暖かさも増したようだ。

hanamaki_20160220-17

ガラスチムニーにブルーフレームが浮かび上がった。思いがけない演出。

hanamaki_20160220-19

夜も更けてきた。美しい炎を心ゆくまで鑑賞できる幸せを楽しもう。

米ぬかと繭シャンプー ~ i のちから ~

shampoo-02-big

米ぬかと繭シャンプー ~ i のちから ~

友人が開発した自然派シャンプー。

原材料は石鹸ベースで、最小限の添加剤しか使ってない、体にやさしいシャンプーだ。成分内容も全て公表されているので、ぜひ確認してほしい。

先日から使い始めたばかりだが、とても頭皮にやさしそうな感触。

販売元 (株式会社シオン) の商品説明サイトはこちら

Lowepro CompuDaypack

通勤用のカメラバッグをずっと探していた。
カメラ1台と交換レンズ1本を安全に持ち運べて取り出しも楽。その他に仕事道具、弁当、水筒、本などが収納出来るもの・・・無いんだよね、これが。

ところが、あったのだ。
カメラバッグとして有名なロープロの一番小さいバックパックタイプ、「CompuDaypack」がそれだ。

見た目は普通の2気室タイプデイパックのようだが、

下部コンパートメントが写真のようにカメラバッグになっていて、大きく開くことが出来る。

このため、上部コンパートメントにはカメラ以外の小物類、たとえば弁当やコーヒーボトルなどを遠慮なく収納する事ができるわけだ。文庫本や老眼鏡などもここに放り込めばよい。

最初からタウン用としてデザインされているためウエストベルトもチェストベルトもないが、通勤用として割り切るのであれば、逆にその方がありがたい。何といっても軽い。ショルダーベルトの安定性も十分だ。

横から見ると、こんな感じ。開口部の広さが判ってもらえると思う。

実は、背面のクッションと上部コンパートメントの間に独立した収納部があり、ここにはノートパソコンやA4版ファイルなどを収納することができる。つまり、これは3気室のデイパックなのだ。

カメラを取り出す時にもノートPC収納部は曲がらないような設計になっている。実に良いアイデアだ。

通常のデイパックと比べ厚みがあり、人ごみでは迷惑になりかねないが、これは結構お気に入りのバッグになるかもしれない。

機械式懐中時計のこと

ついに、とうとう・・・古い懐中時計に目覚めてしまったのだ。

自分は腕時計がどうしてもダメで、仕方なくセイコーのクオーツ式懐中時計を使っていたのだが・・・。

ある日のこと、ヤフオクで意識して調べたわけでもないのに、なぜか古いアメリカ製の懐中時計がヒットした。1918年製ウォルサム。ケースはごく普通の真鍮にクロムメッキ。安い・・・結局買ってしまったのだが。

そして2週間が経ち、今度は少し意図的にウォルサムの時計を探している時だった。

14金無垢のケース入り1907年製のマシン!どう見ても美しい。一般的な仕様とは少し異なるため、これも比較的安い。しかもオーバーホール済みらしい。たまらず落札しました。

waltham1907

12サイズ、7石、14Kオープンフェイス仕様、シリアルNo.15975448。
画像はヤクオクの商品画像を転載。

ごくごく普通のムーブメントである。非常に申し訳なかったのは、中身を確認するためにケースをこじ開ける際に傷をつけてしまった事。金無垢ケースはとても繊細なのだ。

実物が届いてからというもの、専用ポーチとか、正絹製組紐とか・・・大切な時計にふさわしい小物を揃えたり、それはとても楽しい時間だった。

実用面では1日に3分~4分ぐらい進む傾向があるが、動作はとても安定している。私的には十分な精度だ。それに、正確な時間が知りたかったら携帯を見れば済むことだ。

仕事中に時々ポーチから取り出しては眺めたり、傍目にはちょっと危ない雰囲気を漂わせながらも、このお姫様との出会いを楽しんでいる。

MAGLITE LED 2AA 液漏れで固着した電池の外し方

電池の液漏れでマグライトが使えなくなっている方が結構多いのではないか。

付属の電池(DURACELL)が液漏れしやすいのは多くのブログで見かけるが、私のマグライトもその例にもれず、気付いた時には既に取り出せない状況だった。LED仕様は高いのに。T_T

もったいないの一念で、下側の電池はドリルで穴をあけ、木ねじをねじ込んで何とか引っ張り出す事が出来た。しかし・・・。LEDバージョンの2AAは、上のLED部分を取り外す事が出来ないのだ。上が外せれば叩きだすこともできるのだけど、それは無理。

そんな状態で1年間放置していた。気分的には100%あきらめていたのだが。

しかし、つい最近のことだが医療用の検眼鏡の修理を頼まれた。リンク先の最新型と違い、古いクロムメッキボディの外国製品だ。

実物を見せてもらうと、見事に液漏れで、電池が完全に固着している。ターミナル部分も腐食してしまっているし、本体と電池の区別すらつかない・・・。でも、ダメもとでいいから試してほしいということだったので、まずは下側の電池を外すところからトライ。でも外せなかった。

次いで、上部のライトユニットも外し、電池ホルダーだけにして上から叩いてみるが、びくともしない。

これはダメかと半ばあきらめ気分でいたところ、「どうせダメなら煮てみるか」 ・・・と、お告げがあったのだった。

一般的に乾電池を水に入れたり加熱したりすることは禁止されている。液漏れの原因になったり、破裂の危険があったり・・・。でも、既に電池切れで液漏れしているし、徐々に水温を上げて行くぐらいの加温だったら、破裂の危険も無いと判断した。

深めの容器に水を入れ、電池が固着した電池ホルダー部を入れて火をつける。もちろん、電気回路が水につからないよう水の量には気をつけましょう。

お湯が沸いたらすぐにトロ火にして、1分ほど煮沸する。熱いうちに取り出して、ホルダーを板に「トントン」と軽ーく叩きつけたら・・・ラッキー! 電池がスルリという感じで、見事に出てきました。上側の電池も同様に楽々取り出す事ができた。これだと、本体も全く痛まない。こんなに簡単に取れて良いものか。

後は、長い綿棒を使って最後までコビリついていた結晶と腐食部位をふき取り、水分を良く切って乾燥させた後で保護材を塗り、よーくふき取っておしまいだ。修理が終わった検眼鏡を渡したら、とても喜んでくれた。

さて・・・と、ここからが本番。検眼鏡でできたなら、マグライトだっていけるかも。

ただし、マグライトのボディはアルミ製。多くのブログで、液漏れした場合は化学的に固着するので絶対に外れないと書いてある。

でも、試してみた。

結果は、あっさり成功。先の検眼鏡よりも楽に取り出せた。LED回路も問題なくちゃんと点灯することが出来た。

注意:乾電池を水に入れたり加熱したりすることには危険が伴うため、あくまでも自己責任で作業をおこなってください。また、作業に伴うトラブルが発生しても、当方では責任は負えません。

追記:自分の場合、エンドキャップは問題なかったので煮沸法が使えたのだが、キャップが外れない場合は・・・わかりません。

追記2:マグライトを買ったら・・付属乾電池のDuracellは捨てて、日本製の電池を入れましょう。これ、最重要です。

フジローヤル R-440

ずーっと気になっていた業務用のコーヒーミルをヤフオクでゲットしました。

たまたま探していた製品が即決オークションに出品されていたのを見つけ、程度と相場を考えて 「これはイケル」 と決定。速攻で落札しました。

その時のヤクオクの写真がこれ 「フジローヤル R-440」 です。フレンチブルーのボディは、ちょっと珍しくてカッコ良いです。このカラーリングは 「CROWN COFFEE」 の特別仕様と思われます。

フジローヤル R-440

ミルとしての使用感については、後ほど珈琲日記にアップしますが、こちらで書くのは 「ブツ」 としてのR-440です。

それぞれのサイズは、こんな感じです。そんなに違うとは思えないんですが・・・。
ナイスカットミル:120mm(w)×218mm(d)×343mm(h) 2.3kg
R-440:200mm(w)×330mm(d)×535mm(h) 15kg

実物を昔からの喫茶店などで見たことがある人も多いと思いますが、サイズ的には今使っているカリタの 「ナイスカットミル」 の1.5倍ほどしかないから、「大した事無い」 と思って油断していると大間違いで、とにかく大迫力です。デッカイです。2つ並べると、親子のようです。重さにいたっては、ナイスカットミルの6倍、15kgもあります。ヤワなカウンターには載せられません。

消費電力については、ナイスカットミルが120Wで、R-440が640W (起動時 900W) です。商品説明にはR-440の定格を360Wと記載しているサイトが多いのですが、これはモーターの出力値です。50Hz地域での定格値は9.4Aとなっています。

付属品の粉受けが欠品ですが、私はエスプレッソ用ミルから直接フィルターに受けるのと同じような感じで、直接ろ紙をセットしたドリッパーに粉を落とします。これが一番後片付けが楽なのです。よって、問題無しです。

到着後、動作確認を兼ねて全バラシに取り掛かりました。最高にワクワクしますね。中古の機械を目の前にして、こんな感覚を味わうのは、セブンを買った時以来、久しぶりです。機構的にはシンプルの一言に尽きます。これもセブンと一緒ですね。自分の知識でも何とか出来そうな感じといいますか・・・。

R-440も、コンピューターって、なんですか?と言っているような風情です・・・が、主要部分の造りが無用に頑丈なので、信頼感にあふれています。今時の製品ではまず見られませんね。

この製品は、資料 (PDF 6ページ目) によると昭和40年(1965年)の発売!今でも現役でフジローヤルのミルカタログに載っています。モーターは当時適当なものが無く、東芝の200w用ケースに360w用の中身を押し込んだ特別仕様ということです。

同じ製品を40年以上も作り続けるメーカーが日本にもあったんだ。好きだなー、こういうの。

内部を調べてみると、幸いなことに電源コードが少し傷んでいるぐらいで、肝心のモーターとミル歯はとてもよい状態でした。ベアリングも全くガタがありません。結構きれいに使われていた個体のようです。早速コメリに出かけて新しい電源コードを調達してきました。

家に戻り、まずは鋳物製のボディクリーニングに取り掛かりました。重たい本体を慎重に引っくり返して見ると、奥のほうに結構な量の、かつてはコーヒーかすだったタールがこびりついています。これをアルコールと中性洗剤を使ってウエスとペーパータオルで丁寧に拭き取りました。

上の画像に写っているエジプト風シールの図柄が気に入らなかったので、クリーニングついでにベリベリ剥がしてみたところ、これが結構立派なアルミシールだったため、塗装面に厚く残った粘着剤をきれいに取るのがエライ苦労です。

最後は、手持ちの自転車用ディグリーザーを使って、粘着剤をきれいに落とすことが出来たのですが、塗装面への影響はなかったのか? ちょっと不安です。とりあえず、表面のツヤがなくなるような事はなかったので、大丈夫と思いたい。

次は心臓部のクリーニングですが、構造はシンプルだし、錆び付きもなかったので簡単にクリーニングできました。

部品の組み付けと調整についても、マニュアルがメーカーのサイトからオンラインで入手出来るので、こちらも全く問題ありません。位置決めパーツの機械的強度と精度はなかなかのものです。ゆっくり作業を進めたのですが、それでも都合4時間程で全て終了しました。

内外の汚れが取れて、ピカピカになったR-440を肴に一杯飲みながらこの記事を書いているところです。肝心の挽き具合は・・・明日のお楽しみという事で、今日はここまで!

健康器具

7月から8月にかけて、畑の手入れや部屋の模様替えなどをしていたのだが、ブログは全く更新していなかった。

なぜか?

とにかく肩こりがひどくって、家に帰ってから何もする気が起きなかったわけで・・・。とりあえず、インドメタシン入り消炎剤で誤魔化していたのだが痛みがにぶくなるだけで、一向に良くなる気配がない。それで、今回は本気で健康器具について考えてみた。

調べてみると、とにかく体をあたためるのが吉とある。これを実践するには・・・そういえば、OMRONの赤外ヒーターがあったっけ・・・と思い通販で購入した。

それを肩を中心に照射してみたところ、最初に期待していたポカポカ太陽に照らされるイメージと違い、真夏の太陽にジリジリ焼かれるぐらいに熱かったが、翌日には肩がはっきりと楽になったではないか!これは効いたかな? これだったら、もっと早く買っときゃよかった。(もちろん、照射距離と温度調整でポカポカにも出来ます。)

調子に乗って、以前から気になっていたフットバス(足湯マシンですね。)を物色してみたところ、ナショナルの最新機種で、遠赤+スチームの機種が良さげだったので、これも衝動買いした。

早速こちらも使ってみたのだが、元々冷え性とは無縁なので上半身まで汗ばむという事はなかった。でも、とにかく気持ち良い。
冬に自宅でPC作業をしていると結構足元が冷えるが、これで温まりながら作業をすれば良いなーと思った。
連続で30分程しかスチームが出ないが、まあ充分だろう。お湯式と違って後始末が楽なのもメリットだ。

まあ、コタツに入ったり風呂に入ったりするのとどこが違うかと言われれば、うーん・・・だが、気持ち良さはほんとですよ。

GBA SP & MOTHER3

GameBoy Advance SP と P703i です。どっちも黒です。

DS Liteがなかなか手に入らないのと、どうせMOTHER3をやるのが目的なので、仙台のヨドバシでGBAを衝動買いしました。
これがまた、ちょうど良いサイズでよく出来ています。最小限の機能に絞ったおかげでとても使いやすいキカイに仕上がっています。
筐体の造りも高精度で、余計な装飾がまったくありません。デザイン的にも、ある意味 iPod 的な、普段から持ち歩きたいようなカワイさを持っています。

なるほど、大ヒット商品というのは、こういうモノだったんだなと思います。今更ですが、子供たちのモノを判断する感覚は確かです。
オトナは常に遅れてやってきます。

また、ゲームの面白さと解像度はさほど関係ないということも改めて確認できました。要は、頭の中のイメージがふくらむかどうか。
それは、ストーリーそのものの力が大きいです。本が好きな人にわ分ると思いますが、きれいな画像のせいで逆に想像力が制限されるという危険性って、ありますよね。

で、MOTHER3です。まだやりはじめたばかりだし、攻略本も見ていないので、全体像が見えてませんが、キャラクターたちの会話を読んでいるだけで泣けてくるのは本当でした。急いで終わる必要なんて、ぜんぜんないですね。

これが最初の計画通り高解像度のファンタジーゲームとしてリリースされていたら、どうだったんでしょう?
結果としてGBA版アプリで出て正解だったと思うのですが、いかがでしょうか。

ごほうびとして、ぶんしょうにひらがながおおくなるというオマケもついてきます!!?

日記帳 最終章 ほぼ日手帳2007 SPRING

日記帳・手帳探しも、本日メデタク最終章を迎えることになりました。

今日は宇都宮まで出張だったのです。新花巻から新幹線に乗り、仙台で乗り換えの時間待ちのため駅前のLoftに出かけました。
(駅員さんに特別下車を許してもらいました。ありがとうございます。)

なぜか・・・。そこに「ほぼ日手帳」売り場があるからなのです。やっぱり一度実物を見てみたくて、機会をうかがっていたのですが、前述のとおり不思議な縁で吸い寄せられるようにたどりついてしまったのです。

売り場は入口の案内板にも大きく表示されていて、すぐに見つけることができます。仙台Loft5階の売り場は予想以上に立派で、4月始まりの手帳が全種類並んでいます。どれにするか悩ましいです。革カバーは立派で良いのですが、どうしても厚みがあってちょっとかさばります。それで今回は一番地味な黒のナイロンカバーを選びました。それが上の写真です。「一十一」のロゴが入っているのはカバーの裏面です。実用的なだけに留まらず、とってもカッコイイデザインです。

手帳の大きさは文庫本サイズ。これがとっても良いのです。いつでも手元に置いて使える、持ち運びにも便利なサイズです。
モールスキンのポケットサイズよりも少しだけ横幅があります。売り場には 「ほぼ日手帳の秘密2007」という本が置いてあったので、一緒に買いました。糸井さんのインタビューが最高です。

カバーには「Only is not lonely 2007」と刺繍されたタグが縫い付けてあります。本の解説には
「機能的には何の意味も無いが・ ・・」と書いてありますが、これじゃ、毎年カバーごと新調したくなるじゃないですか!
実にニクイ仕掛けです。

厚みに関しては、最初にモールスキンを見ていたので、「えっ、こんなに薄いの?」という印象です。しかも、ページ数は多いのです。
書き込み領域は方眼野の書き方を強制しないゆったりとした感じです。ページ下の読み物も楽しい!

4月はじまりの手帳なのですが、3月分も1ページ2日分の書き込みが出来るので、さっそく今日から使い始めています。
これは両親にもプレゼントしようと思いました。(また仙台に遊びに行こうっと。)